自宅で簡単!タヌキの頭部骨格標本の作り方を紹介!

狩猟記事
otter
otter

こんにちは、ハンター見習いのotterです!

最近ハンター見習いをしていて、タヌキの頭部をいただきました。

イノシシに続いて、タヌキの頭蓋骨の骨格標本作りもやってみたので、やり方をまとめました。

イノシシの骨格標本については、↓↓で読めます。

この記事では、自宅でも簡単にできる作り方をまとめたので、タヌキの頭部をゲットした際はぜひやってみてくださいね!

用意するもの
  • タヌキの頭部(今回はすでに皮を取り除き終わった状態のものを使います)
  • 肉を取り除くアイテム(歯ブラシ・割り箸・爪楊枝・綿棒など)
  • 除光液(アセトン) 今回はこれを使用する工程をとばしました。
  • 容器
  • キッチンハイター

ポリデント法 〜肉を溶かす〜

(事前作業:皮があると煮込んだり等時間がかかるので、皮はナイフで剥いでおきます。)

▼1日目

肉がついたままの状態の頭部を、まずポリデントを入れずに鍋で6時間程度煮込む。そうすると、大体の大きい肉は手でホロホロととれます。

写真は、6時間煮込んで、肉を取り除いた後です。

次に、鍋にポリデント4個と頭部を入れて、また6時間ほど弱火でコトコト煮込みます。

写真は煮込み終わって、取り出した時です。煮込む前と比較して、お肉が柔らかくなっているのがわかります。

ポリデントは入れ歯をきれいにしてくれる薬剤ですが、タンパク質分解酵素を含んでいるとのことで、骨から肉がとりやすくなります

箸、綿棒、つまようじ、歯ブラシなどを使って、肉を取り除いた後の写真。

1回で表面は結構きれいになります。

素手で肉を取り除くと手が結構臭くなるので、ビニール手袋をして作業するのがオススメです。

イノシシの時も手こずった鼻の中を綿棒でグリグリして、薄い骨?は壊してしまいます。もう一度煮込む時にポリデントが浸透しやすいように。

なぜならここを倒さないと、ここから永遠と肉片が出てきます。

抜ける歯は抜きます。歯の隙間にある肉片を取り除くためです。

あとで歯を戻すときのことを考えて写真に納めておきましょう。あとは上の歯と下の歯を分けておくと、復元しやすいです。

下顎は、左右にパカっととれます。イノシシは下顎左右くっついているので、ここはちょっと違いますね。


▼2日目

次に、鍋に骨を戻して、再びポリデントを4個ほど入れて6時間ほど煮込みました。

とれた歯はもう鍋で煮込まず、容器にポリデントを入れて放置にしました。

鍋から取り出します。

鼻の奥であろう赤やじるし部分が黒くなっています。

まだ鼻の奥に肉片が隠れているのか…

ということで、割り箸を鼻の穴にさらに突っ込んでバリバリすると、鼻の穴からも黒い部分が見れるように!

水で流すとカスが出てきましたが、まだできってない様子。

鼻の奥の黒いカスを取り出すために、再度鍋で3時間ほど煮込みました。(ポリデントなし)

 最後は綿棒を使って、見えるところの肉片はとり終えました。(まだ骨の奥の奥にはいそうですが、どうしようもなさそうなので、そのまま・・・)

除光液(アセトン) 〜脱脂〜

▼3日目

肉片が取れたあとは、除光液を使った脱脂作業をします。

が、アセトンは使用後の処理が面倒なので、今回はこの工程をスキップしてみました。

脱脂処理を知りたい方は、イノシシの骨格標本作成時にはおこなったので、そちらの記事をご覧ください。

もし、今後骨が臭ってくるようなら、脱脂処理しようかと思います(臭う場合、脱脂処理以前に、肉がきちんと除去しきれていないのかと思いますが)。

ハイター 〜脱色〜

▼3日目

最後は、ハイターを使って脱色作業です!

キッチンハイターに記載されている配分で2時間漬け置きしました。

ネットで調べると数日漬け置きされている方も見られましたが、この骨はここまでで既にかなり白くなっているのと、小型で骨が弱そうなので、短めに漬け置き。

ハイターは、骨を溶かしてぼろぼろにする作用もあるとのことなので、漬け置き時間は骨の大きさなどに合わせて調整しましょう。

まとめ

ハイターから取り出して、水で十分に流して、乾かして・・・

下顎を接着させて歯を戻す作業は、後でやりますが、とりあえず

頭蓋骨の標本が完成!!

白くて、小型で、かたちも可愛いです!

otter
otter

タヌキの

頭蓋骨を手に入れた際はぜひやってみてね〜!



タイトルとURLをコピーしました